消費者金融の審査時間

消費者金融というと審査が早くて即日融資に強い、というイメージがありますね。大手の消費者金融では審査時間を最短30分、融資までは最速で1時間としています。実際のところはどのくらいの時間がかかるのか、と口コミをみても、やはり審査スピードについては早かったと実感している方が多いようです。

 

 

やはりキャッシングの申し込みをする方というのは、急にお金が必要になって早めの融資を希望している方が多いです。そのため、多くの方は最短でとまではいかなくてもなるべく早くお金を借りたいわけですが、審査にどのくらいの時間がかかるのかは、個人ごとで属性や信用情報、希望額など状況が異なりますので審査結果を待ってみないことにはわかりません。

 

属性や信用情報を急に変えることはできませんが、そのなかでなるべく早く借りるためには、審査の早いカードローンを選ぶことが重要になります。そこでオススメとなるのが、大手の消費者金融なのです。

 

なぜ審査が早いのか?

なぜ、大手消費者金融の審査はそんなにも早いのでしょうか。

 

それは、審査が自動化されているからです。

 

申し込みの際に入力する年収や勤続年数といった個人情報は、そのまま点数としてスコアリング化されます。様々な項目を点数化して基準に達しているかどうかで融資の可否を判断するのです。

 

スコアリングの基準となっているのは過去の利用者データです。どういった人物がお金を貸してもきちんと返してくれていたかを過去の統計データにより導き出して審査の基準にしているのです。この膨大な実績データによる審査ノウハウが確立していることで、これだけスピーディーな審査が可能となっています。

 

審査の早さをアピールするのは他社との競争のためです。キャッシング利用者の多くは早い審査を望んでいます。審査に時間がかかってしまいますと、より審査の早い競合他社へと顧客が流れていってしまうからです。一人でも多くの顧客を囲い込むため、審査スピードはこれだけ早くなったとも言えます。

 

審査に時間がかかるケース

消費者金融の審査はスピード審査とはいえ、なかには時間がかかってしまうケースもあります。では、どういったケースで審査に時間がかかりやすいのでしょうか?

 

融資可能か判断が難しい場合

まず考えられるのが、融資可能かどうか判断に難しくて時間がかかってしまうというケースです。例えば、他社借入件数が少々多めであったり、他社で入金の遅れが少し見られるなど、即審査落ちというほどではなく融資は可能ではあるものの、気になる点があり判断に迷うといった場合には、時間がかかる可能性があります。

 

消費者金融側としても貸付け実績は伸ばしたいところですが、返済が滞るようなリスクは避けたいわけです。そのため、このような判断に迷うケースは慎重に審査を行って融資の可否を決定します。そのため、審査に時間だけかかって否決という結果もあります。

 

希望額が大きい場合

希望する借入額が大きい場合には審査に時間がかかる可能性が高いです。一般的に、消費者金融で新規の契約ですと限度額は10万円〜50万円程度が多いと言われています。もちろん属性の高さや信用情報の状況などにより50万円以上の借入をするのは不可能なことではありませんが、その場合には審査は高額になってくるぶん慎重で時間がかかると思っておきましょう。

 

また消費者金融の場合、50万円を超える融資(または他社借入と合わせて100万円を超える借入)になりますと総量規制により収入証明書の提出が必要と定められています。確認する書類が多くなる分また審査が慎重になるということもありますので、もし即日融資を希望している場合には難しいかもしれないということはあらかじめ理解しておきましょう。

 

信用情報がクリーンすぎる場合

信用情報はクリーンであると審査に一見通りやすいイメージがありそうですが、まったく信用情報がないという場合には話は違ってきます。信用情報は銀行やクレジットカード会社、消費者金融など金融機関での融資や利用履歴を記録したものですが、個人信用情報機関に照会しても履歴が全く出てこない場合、これをスーパーホワイトなどと呼びます。

 

例えばこれが学生や社会人なりたての方でしたら珍しいことではないかもしれませんが、30代や40代でしたらどうでしょうか。カードローンの履歴だけならともかく、これまでクレジットカードを作ったこともなくスマートフォンの割賦払いの履歴も何も記録がないというのは逆になかなかありません。そのため、そうした方はほんとうにそうした利用が今までなかったか、それかこれまでの保有情報がすべてきれいに消えている方、つまり怪しい申し込みの可能性が出てくると考えられ、審査が慎重になるのです。

 

大手消費者金融と中小消費者金融はどちらが早い?

大手消費者金融と中小の消費者金融、審査スピードが早いのはやはり大手の消費者金融です。大手の場合、インターネット申し込みや来店不要の振込融資のシステムも確立していますし提携銀行口座であれば24時間振込対応というところもあります。また、自動契約機が全国展開していて全国規模でスピード融資が可能です。

 

一方中小の消費者金融はといいますと、中堅程度のところであれば大手同様インターネット申し込みや振込融資にも対応していますが、なかには即日融資は店頭窓口での申し込みの場合、というところもあります。

 

大手消費者金融は過去の膨大な利用者データから導き出した審査基準により自動審査を行っていますが、基本的に中小の消費者金融の審査は人による審査です。そのため、大手のようにすぐに審査結果が出るような状態ではないのです。

 

基本的に中小の消費者金融は、大手の消費者金融で審査に落ちてしまって借りられなくなった方が利用します。そのため、審査の早いところで借入を考えるのであればまず大手のなかから考えてみましょう。