フリーターでも消費者金融審査に通る?

消費者金融の利用条件は、大手ですと

  • 本人に安定した一定の収入があること
  • 年齢が20歳?69歳までであること

などが条件となっています。

 

そのため、フリーターの方でもこれらの条件を満たしてれば、審査の上、借入は可能です。

 

しかし、フリーターだと審査で不利になってしまうのでは…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かにアルバイトやフリーターの方ですと、公務員や正社員の方と比べて属性が低いと判断されますし決して有利な属性とは言えません。しかし、消費者金融の審査というのはそれだけで判断をするのではなく、貸したお金をきちんと返してくれる人かというところを重要視します。

 

そのため、例えば正社員であっても勤続年数が半年程度であったりすると審査上点数は低い評価になりますし、逆にフリーターであっても長年同じ勤務先につとめているという場合には点数が高く評価されます。

 

フリーターの方であれば、週5でフルタイムで毎月働いているというような場合には、各社で審査基準に違いがあるため一概には言い切れませんが、そう問題はないでしょう。ただし短期のアルバイトなど収入が安定しないような場合には、評価が低くなってしまい審査に通るのが難しかもしれません。やはり、収入の安定性は審査において重要なポイントです。

 

ただし注意していただきたいのが、フリーターの方の場合、長く勤めていたとしても、正社員や公務員と違っていつこの今ある安定した一定の収入がなくなってもおかしくないという状況だということです。そのため返済計画はできるだけ余裕を持ってたてておき、万一の場合に備え、なるべく早く完済してしまうよう積極的に繰り上げ返済を行うなどすることが大切です。